07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

::: Naoki Nakajima ::: Live Schedule :::

コントラバス奏者・中島直樹のライブ情報など。フリー・即興演奏を中心に、様々なアーティストのセッション。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

吉増剛三 『予告する光 gozoCine』 

吉増剛造 映像作品2006-2011
『予告する光 gozoCine』

場所: 第七藝術劇場(大阪十三)
上映期間: 2011.11.12 - 11.25

----------

5つのプログラムを日替わりで上映しています。
その中 Dプログラムには「大阪日記」という作品があり
これは 今年9月に吉増氏が大阪に来た時の映像が元になっています。

----------------------------------------
2011.09.14 at 大阪産業大学付属高等学校5号館
複眼ポリフォニー 響空譚
----------------------------------------
このイベントでは 中島直樹(コントラバス)と
山沢輝人(テナーサックス・フルート)による即興演奏の中
あの金時鐘氏が詩を朗読するという 素晴らしい時間がありました。
(私は仕事で行けませんでしたがちくしょう)
この時 吉増氏はカメラを回していたので
「大阪日記」には 少なからずこの日の演奏が出ていると思います。
観たこと無いのでかなりの憶測ですが。。。

因みに。
「大阪日記」を含む Dプログラムは 
15(火)・18(金)・23(水)の3日。
15日は 金時鐘×吉増剛三×八角聡仁
御三方によるトークイベントもありますので
ちょっとくらい無理してでも行くべきです。


というわけで 詳細はアチラコチラ↓
http://www.nanagei.com/movie/data/531.html


----------


『予告する光 gozoCine』

これを映画的解釈に委ねるのは 極めてナンセンスである。
これは 生きている記憶であり 現象への追憶である。

氏の記録が「再生」される時
我々は 詩人の感性を以って
自らの五感でアラタメテ体感するのである。


text by ハイ原




スポンサーサイト
2011/11/14 Mon. 01:47 | trackback: 0 | 本文: 1edit

この記事に対するコメント:

Simply a smiling visitor here to share the love (:, btw outstanding style and design .
Cool, btw try http://tinyurl.com/8m8duk4 - good, positive news, inspirational stories and articles , see you later

Maria Wood #- | URL | 2012/08/20 00:12 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokinakajima.blog.fc2.com/tb.php/25-173ff893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。