09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

::: Naoki Nakajima ::: Live Schedule :::

コントラバス奏者・中島直樹のライブ情報など。フリー・即興演奏を中心に、様々なアーティストのセッション。

2011.09.23 Live at Wildbunch 

20110923_wildbunch


-------------------------------
SANCTUARY -光る聲の草の方へ-
2011.09.23 Live at Wildbunch(天六)
-------------------------------
【共演】
吉増剛造(ポエトリー)

《ニコラス・スレッジ・ブルース・マシーン》
今野和代(ポエトリー)
山沢輝人(テナーサックス・フルート)
-------------------------------

ニコラス・スレッジ・ブルース・マシーン。
今野女史から零れる詩は 吉増氏の何かに触れたのか
魂を 絡げて繋げて 糾える夜。



20110923_wildbunch


吉増氏は とても瞳の綺麗な人であった。
山沢氏のフルートに 中島氏のコントラバスの音に
惹かれ近付き 曰く 「目で触る」 と。


20110923_wildbunch



名付けたり 輪郭を描くことでの 対象の自立 変質を拒むような
まるで 目で捕えながらも 決して見ることなく
現象を そのままの姿に 手で掬う といったところか。

詩人でありながら それ以上に 「視る人」であるという印象。
この「目で触る」 カンカクは 氏の映像作品で 深く知ることが出来る(たぶんね)。


この日の演奏も 音の演り取りといった 表層的な逢引ではなく
フリー・即興の有する(べき) 本質的な個の抽象が 繰り広げられた
一例ではないかと 躍る胸を押さえつつも
グラスを飲み干した 夜。
てね。はは。


text by ハイ原
スポンサーサイト
2011/10/01 Sat. 02:30 | trackback: 0 | 本文: 1edit

この記事に対するコメント:

270022 beers on the wall. sck was here
Well, btw I recommend to check out http://goodvillenews.com/Journey-to-the-End-of-the-Earth-tbNql3.html - very inspirational articles , see you

Patricia Robinson #- | URL | 2012/08/20 00:07 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://naokinakajima.blog.fc2.com/tb.php/18-0a103261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)